ニキビについて知る

すでにニキビができてしまったら、もうスキンケア化粧品は意味がないのかと思う人もいるでしょうが、決してそのようなことはありません。初期の段階であれば、ニキビ化粧品も効果があるでしょう。ただし、症状が悪化してしまうと効果が発揮できないだけではなく、逆に悪化させてしまう可能性もあるので、まずは皮膚科を受診することが大切です。

ニキビを予防する場合には、スキンケア化粧品を知るだけではなく、ニキビについても知っておく必要があります。ニキビというのは、アクネ菌と呼ばれている細菌が原因で発症する病気です。病気なので、健康保険も適用されます。初期の段階は白ニキビというのですが、この段階ならスキンケア化粧品で効果が発揮できます。もちろん早めに治療しておくに越したことはありません。

白ニキビが悪化すると、酸化して黒くなることから、黒ニキビと呼ばれるようになります。さらに悪化すると、毛穴が炎症を起こして赤ニキビになるのですが、この前の段階で治療をしておくのが望ましいでしょう。さらに膿を伴って痛みが発生する黄ニキビになり、膿を持っているだけではなく、血が混じった状態を紫ニキビと言います。ここまで悪化してしまうと、確実にニキビ跡ができてしまうため、早めに対策を練らないといけません。