ニキビ化粧品を選ぶ

ニキビを予防するためのスキンケア化粧品を選ぶ場合には、成分がとても大切になります。ニキビに有効的な成分が含まれていなければ、しっかりと予防することはできません。では、どのような成分が含まれているものがよいのでしょうか。まずはビタミンC誘導体ですが、この成分はニキビ予防だけではなく、すでにできてしまったニキビにも効果的ですし、ニキビ跡のケアにも効果を発揮します。

次にグリチルリチン酸ですが、この成分は炎症を抑える働きがあるので、でき始めのニキビにも効果的です。しかも刺激が少ないので、肌が弱い人でも安心して使用できるでしょう。この2つの成分のどちらかが含まれていれば、効果を発揮することができるでしょうが、できれば両方とも使用されているスキンケア化粧品がおすすめです。そんなスキンケア商品を使用する場合には、注意するべきことがあります。

それはオイルやアルコールを使用していないこと、そしてノンコメドジェニック製品を使用することが重要です。オイルはニキビの原因になりますし、アルコールは刺激が強いので、肌の弱い人は控えるべきでしょう。ノンコメドジェニック製品というのは、ニキビの原因となる成分を使用していない物なので、購入前に確認しておくべきです。