ニキビについて知る

すでにニキビができてしまったら、もうスキンケア化粧品は意味がないのかと思う人もいるでしょうが、決してそのようなことはありません。初期の段階であれば、ニキビ化粧品も効果があるでしょう。ただし、症状が悪化してしまうと効果が発揮できないだけではなく、逆に悪化させてしまう可能性もあるので、まずは皮膚科を受診することが大切です。

ニキビを予防する場合には、スキンケア化粧品を知るだけではなく、ニキビについても知っておく必要があります。ニキビというのは、アクネ菌と呼ばれている細菌が原因で発症する病気です。病気なので、健康保険も適用されます。初期の段階は白ニキビというのですが、この段階ならスキンケア化粧品で効果が発揮できます。もちろん早めに治療しておくに越したことはありません。

白ニキビが悪化すると、酸化して黒くなることから、黒ニキビと呼ばれるようになります。さらに悪化すると、毛穴が炎症を起こして赤ニキビになるのですが、この前の段階で治療をしておくのが望ましいでしょう。さらに膿を伴って痛みが発生する黄ニキビになり、膿を持っているだけではなく、血が混じった状態を紫ニキビと言います。ここまで悪化してしまうと、確実にニキビ跡ができてしまうため、早めに対策を練らないといけません。

ニキビ化粧品を選ぶ

ニキビを予防するためのスキンケア化粧品を選ぶ場合には、成分がとても大切になります。ニキビに有効的な成分が含まれていなければ、しっかりと予防することはできません。では、どのような成分が含まれているものがよいのでしょうか。まずはビタミンC誘導体ですが、この成分はニキビ予防だけではなく、すでにできてしまったニキビにも効果的ですし、ニキビ跡のケアにも効果を発揮します。

次にグリチルリチン酸ですが、この成分は炎症を抑える働きがあるので、でき始めのニキビにも効果的です。しかも刺激が少ないので、肌が弱い人でも安心して使用できるでしょう。この2つの成分のどちらかが含まれていれば、効果を発揮することができるでしょうが、できれば両方とも使用されているスキンケア化粧品がおすすめです。そんなスキンケア商品を使用する場合には、注意するべきことがあります。

それはオイルやアルコールを使用していないこと、そしてノンコメドジェニック製品を使用することが重要です。オイルはニキビの原因になりますし、アルコールは刺激が強いので、肌の弱い人は控えるべきでしょう。ノンコメドジェニック製品というのは、ニキビの原因となる成分を使用していない物なので、購入前に確認しておくべきです。

ニキビはきちんと予防

ニキビは大きく分けると2種類あります。1つ目は思春期にできるニキビなのですが、大体10歳から15歳ぐらいの年齢の人ができるものの、引っかいたりしなければ自然と治ります。それに対して2つ目の大人ニキビというのは、酷くなる前に治療をしないといけません。放置しておくとどんどん悪化してしまい、クレーターと言って顔に凹凸ができてしまうこともあるのです。できれば普段からしっかりとニキビ予防をしておくことが望ましいのですが、最近はニキビを予防できるスキンケア化粧品もあります。

どのような物があるのかというと、乾燥しないために用いられているスキンケア化粧品、ニキビの原因を防ぐことができるスキンケア化粧品です。どちらも効果的なのですが、同じようなスキンケア化粧品でも効果は異なってきますし、人によっても効果は変わってくるでしょう。スキンケア化粧品などでしっかりと予防することも大切なのですが、他にも予防方法がいくつか存在しているのです。それは生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れに注意することです。

また、肌が不潔な状態になっていることや、紫外線を長時間浴びることが多い場合、肌の乾燥などもニキビの原因になるので、普段からしっかりと予防をしておきましょう。洗顔後のスキンケアももちろん大切ですが、その前に自身の肌の吸水性を高めるスキンケア用品を使用しておくことで、保湿を保てる肌になります。化粧水や乳液の前に、プラスもう1手間してあげることで、お肌の状態は更に良くなるはずです。(参考:ニキビ予防ケア用品>>みんなの肌潤糖

当サイトではニキビの予防方法や、効果的なスキンケア化粧品についていろいろな情報を記載しています。ニキビが気になるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

その予防方法の1つがスキンケア化粧品を用いることです。